PR

ニュース プレミアム

【ニュースの深層】実は「女医にかかれば長生きする」 明るみに出た医学界の闇、構造変革できるのか

Messenger

男性医師は女性患者の扱いに難?

 心筋梗塞(こうそく)になった場合、女医にかかる方が生存率が高い-。権威のある米科学誌「米科学アカデミー紀要」に8月6日、こんな研究成果が発表された。

 ハーバード大やミネソタ大などによるチームが、1991年から2010年の間にフロリダ州の救急外来に搬送された50万人以上の心筋梗塞患者を調べ上げた成果だ。研究によると、患者と医師のそれぞれの性別の組み合わせによって、生存率に違いがあることを発見したという。

 心筋梗塞で搬送される患者の死亡率は約12%。しかし女医が女性患者を担当した場合は、死亡率が5・4%低かった。男性医師が女性患者を担当した場合、女医が治療した男性患者に比べて、生存率は1・52%低かったという。

 その理由の考察では、男性医師は女性患者を治療する上で困難を感じていることや、女医の方が男性医師よりも手先の細やかさがあるのではなどの指摘もある。研究では、男性医師が女性患者を多く担当すれば、その医師が担当する女性患者の死亡率が減少することも示した。

 対馬医師は「女性は細やかに心を配り、患者に根気強く付き合う傾向がある。産婦人科でも大勢の女性が患者を支えている。女性と男性がうまくチームワークを組み、働きやすい現場になってほしい」と願う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ