PR

ニュース プレミアム

閉館後の「デザインあ展」に潜入 伝統の「紋」×最先端の音楽…圧巻の「森羅万象」

Messenger

 NHK Eテレで放送中の「デザインあ」。「こどもたちの未来をハッピーにする“デザイン的思考”をはぐくむ」という番組のコンセプトを体感できる企画展「デザインあ展 in TOKYO」が東京・日本科学未来館で開かれている(10月18日まで)。22万人を動員した前回展から5年ぶりとあり、90分待ちになる日があるほど人気だ。子供はもちろん、大人も楽しんでデザインマインドを学べる展覧会に閉館後、潜入した。(WEB編集チーム 松尾祐紀、写真も)

会場入り口にあるフォトスポット『「あ」になろう!』。真ん中に立てば「あ」になれます=東京都江東区(松尾祐紀撮影)
会場入り口にあるフォトスポット『「あ」になろう!』。真ん中に立てば「あ」になれます=東京都江東区(松尾祐紀撮影)

 会場は「観察のへや」「体感のへや」「概念のへや」に分かれており、かなりの広さ。担当者によると「混み具合にもよりますが2時間ほどあれば全て見ることができます」。フラッシュを使用しなければ撮影も可能、SNS投稿もOKだ。実際、SNS映えする展示は多い。

 「観察のへや」

「梅干しのきもち」。頭を入れるとお弁当の完成=東京都江東区
「梅干しのきもち」。頭を入れるとお弁当の完成=東京都江東区

 その一つが「梅干しのきもち」だ。最初の「観察のへや」にあり、インスタ映えする写真が撮れると評判で連日、行列ができるほど。巨大な弁当箱に敷き詰められた白米の真ん中から頭を出し、梅干しの気持ちになれるという趣向だ。まさか人生で梅干しの気持ちになれる日が来ようとは…。友人と写真を撮り合っても楽しい。

 

佐藤卓+サンク・アールによる「チューブのあ」。東京展で登場した=東京都江東区
佐藤卓+サンク・アールによる「チューブのあ」。東京展で登場した=東京都江東区

 5月まで開かれていた富山展には無かった展示の一つが、『チューブの「あ」』だ。総合ディレクターの佐藤卓氏とサンク・アールによるもので、巨大なチューブから中身が出る瞬間を捉えた展示。説明には「毎日見ているけど、気がつかない面白さがそこにはあります」とある。入場してすぐの場所にあるため見落とさないよう注意。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ