PR

ニュース プレミアム

北海道・鹿追町の「水鉄砲大会」が存続の危機 なぜ?

Messenger

 今回が最後かもという話は参加者にも伝わり、初回から参加している「チームイック」は背中に「有終の美を飾りたい」とラストダンスと描いたチームTシャツで登場、見事優勝した。同チームの星輝彦さん(32)は「最後になるかもしれない大会で優勝できてよかった」。

 別チームで札幌市から参加した会社員、宇山真由美さん(50)は「大人が童心にかえって遊べる大会。できるなら続けてほしい」と期待を込めて話していたが、果たして大会の運命はどうなる!?。(札幌支局長 杉浦美香)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ