PR

ニュース プレミアム

【ニュースの深層】「たばこは薬物」福島・郡山市長 波紋呼んだ発言には伏線があった

Messenger

 このため市議会で議論になり、今年3月には関係団体による見直しを求める請願を議会が採択する事態になった。「市の方針は国の方針を上回り厳しすぎる」(市議会議員)というのが理由だ。関係10団体による今回の意見書にも全面禁煙見直しが含まれ、反発に輪を掛けている。

 市長発言を機に勢いが加速する禁煙、たばこをめぐる議論は「分煙」のあり方も絡み、おさまりそうにない。国や他の自治体に先行した取り組みの中で起きた対立は受動喫煙対策を考える上で試金石となるのか。(福島支局 内田優作)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ