産経ニュース

【安倍政権考】児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先

 今年の夏は埼玉県熊谷市で国内観測史上最高の気温41・1度を観測するなど、猛暑が続く。この事態を受け政府は来年夏までに全国の公立小中学校でクーラーの設置を進める方針を示した。国は現在も地方自治体のクーラー設置に補助金を出しているが、設置数は地域によって大きなばらつきが生じている。何が障害になっているのか。

地域の偏り

 菅義偉官房長官(69)は7月23日に出演したBSフジ番組で、こう述べた。

 「(猛暑対策は)緊急の課題だ。クーラーが設置できていないところは早急にしないとならない」

 翌24日の記者会見でも「児童・生徒の安全、健康を守るための猛暑対策は緊急の課題だ。学校へのクーラー設置を支援していく必要は当然ある。今後、関係省庁に具体的に検討させたい」「来年のこの時期に間に合うことができるように政府として責任を持って対応したい」と強調した。

 文部科学省によると、全国の公立小中学校の教室(理科室などの特別教室も含む)に対するクーラーの設置率は平成29年4月時点で41・7%だった。10年7月は6・6%、22年10月は18・9%、26年4月は29・9%と着実に増えてはいるが、いまだに半数以上の教室にクーラーがない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先
  • 児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先
  • 児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先
  • 児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先
  • 児童の安全は守られているか…クーラー設置の小中学校は4割 国補助は耐震化・トイレ改修優先

「ニュース」のランキング