PR

ニュース プレミアム

【ビジネス解読】監視? 健康管理? 社員の「人間関係」まで可視化できる“働き方改革ツール”とは

Messenger

 同社はモノのインターネット(IoT)ソリューションの開発や電子機器、ソフトウエアの設計などを手がけており、こうした技術を応用した。商品化と同時に、試験導入するトライアル企業を募集し社内でも実証データの蓄積を続けている。

未来型オフィス

 実証実験中の同社を訪れると、会議室にオフィスの間取りを示した大きなモニターがあり、いくつもの緑の円が通路を移動したり、デスクにとどまったりしていた。

 それぞれの円には社員の名前が書かれ、色が赤く表示されている円もある。医療機器ではないため、基準値はないが、「日々の蓄積データよりも、ストレス度が高くなるなどの変化があると、色が変わる設定にしてある」(同社)という。

 10メートル間隔で設置した受信機で端末の情報を取得する。端末を付けた社員がオフィス内をぐるりと1周すると、緑色の円がディスプレー上を1周した。

 導入企業では、出社時に社員が端末を腕に付け、1日を過ごすことになる。端末は、ベルトをきつく締めなくてもデータが取れるというが、腕時計と一緒に付けるにしても、反対の腕に付けるにしても、違和感はある。

 常に行動が監視される形になるが、食堂やトイレなどには、端末の情報を拾う受信機を置かないなどの工夫で、業務中以外のプライバシーを守ることもできるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ