PR

ニュース プレミアム

【クローズアップ科学】湖のアオコは日差しを遮ると増える? 予想外の実験結果、環境対策に活用も

光が植物プランクトンに与える影響を調べるため、円形のシートで覆った実験用の池=米ニューヨーク州のコーネル大(山道真人・東京大講師提供)
Messenger

 小学校の理科でも習った植物プランクトンは、名前の通り植物の仲間だ。太陽の光をエネルギーとして使い、二酸化炭素と水から自分の体を作って暮らしている。それなら光が減れば当然、植物プランクトンも減りそうだ。ところが、日米チームの実験でこの予想は覆された。成果は生態系の調節につながり、環境対策に役立ちそうだ。

植物プランクトンと太陽光の関係を実験

 暑さの厳しい夏場に、池や湖の水面が緑色に染まり悪臭を放っていることがある。植物プランクトンの一種、藍藻(らんそう)が群れた「アオコ」だ。植物プランクトンが池で異常繁殖すると、水の透明度や酸素濃度が変化し、生態系に悪影響を及ぼす。

 その主な原因として注目されてきたのは、植物プランクトンの栄養素である窒素やリンなどが、生活排水によって池に流れ込んで生じる富栄養化だ。これと比べて、池に降り注ぐ太陽光の影響は小さいと考えられてきたという。

 こうした中、東北大の占部(うらべ)城太郎教授(生態学)らのチームは、光の量とプランクトンの盛衰の関係を調べる実験を米ニューヨーク州にあるコーネル大で行った。同大には形がそろった実験用の池が約40もあり、日本にはないこの施設を利用した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ