PR

ニュース プレミアム

【iRONNA発】ボクシング騒動 山根前会長の横暴を許した「ムラ社会」 木村悠氏

辞任を表明する日本ボクシング連盟の山根明会長(当時) =8日、大阪市
Messenger

 日本ボクシング連盟の内紛劇は、山根明会長が辞任し、騒動は収束に向かいつつある。それにしても、山根氏はなぜ長年にわたり連盟を「私物化」できたのか。元世界王者が核心を突く。(iRONNA)

 アマチュアボクシングが注目されるのは、やはりオリンピックの時ぐらいで、日ごろはプロの陰に隠れて目立たない。プロ、アマ両方の経験を持つ筆者にとって、アマが今回ほどメディアに露出することがなかっただけにその異常さに驚いている。

 そもそも、アマは限られた人たちで構成される非常に狭い「ムラ社会」だ。筆者はライトフライ級という一番軽い階級だったが、全国大会でも20人ぐらいで30人出場していれば多い方だ。

 そのため、地方の予選をクリアして3回から4回ほど勝てば決勝に進むことができる。人数が少ないため社会人の全国大会は大体同じメンバーで決勝が争われる。全国大会で優勝または上位に進出すると全日本王者となり、全日本のメンバーに選出される。

 各階級で3人ほど選ばれ、全部で25人前後のトップ選手がオリンピックの強化指定選手になる。選手の選出や海外遠征、合宿など、それらを取りまとめているのがボクシング連盟である。他のスポーツに比べてコアな社会だけに、連盟というより「会長」のさじ加減一つでどうにでもなる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ