PR

ニュース プレミアム

駅に着いてがっかり 新幹線とはちがう韓国高速鉄道「グリーン車」事情

Messenger

 【酒呑み鉄子の世界鉄道旅 KTXに乗る韓国旅(2)】 ソウルで新しい味覚を体験した翌朝、中心部に位置する龍山(ヨンサン)駅へやって来た。ソウル駅が東京駅に似ているとしたら、龍山駅は品川駅のようなイメージ。(写真・文/トラベルジャーナリスト 江藤詩文)

目指すは“韓国の台所”

 龍山駅からKTX(韓国高速鉄道)で目指すのは務安全羅南道(チョルラナムド)。韓国南西部の行政区画のひとつであり、“韓国の台所”と呼ばれ、食の宝庫として知られている。道庁所在地は務安(ムアン)だ。

地下鉄1号線と接続していて、スーツケースを持った個人旅行者でも使いやすい龍山駅。大型ショッピングモールともつながっている
地下鉄1号線と接続していて、スーツケースを持った個人旅行者でも使いやすい龍山駅。大型ショッピングモールともつながっている

 日本ではまだ知名度が高いとはいえないが、務安にはれっきとした国際空港があり、関空から直行便が飛んでいる。運航は“東方神起のエアライン”としておなじみのLCCチェジュ航空だ。ソウルからは国内線も飛んでいるが、今回は本数も多く使い勝手がいいKTXを利用したというわけ。

乗車したのは9時23分龍山駅発光州松汀(クァンジュソンジョン)駅行きのKTX541号。この日本語の案内表示があれば絶対に間違えない
乗車したのは9時23分龍山駅発光州松汀(クァンジュソンジョン)駅行きのKTX541号。この日本語の案内表示があれば絶対に間違えない

 直行便が就航したこともあり、全羅南道は日本との交流に積極的に取り組んでいる。そのプロジェクトの一環として、先ごろ日韓友好の広報大使を任命。“食の都”ということで、日本人の薬膳料理研究家・新開ミヤ子氏が、初代の「全羅南道名誉広報大使」に選ばれた。

韓国では高額なシートから売れるの?

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ