産経ニュース

【びっくりサイエンス】カイコの高度な生き残り術 「天敵呼ぶ香り」封じて餌食べ放題

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
カイコの高度な生き残り術 「天敵呼ぶ香り」封じて餌食べ放題

クワの葉を食べるカイコ(松井健二・山口大教授提供) クワの葉を食べるカイコ(松井健二・山口大教授提供)

 その結果、普通のカイコに食べさせたクワから放出される量の方が、はるかに少なかった。さらに詳しく調べると、吐糸口からの分泌物に含まれる酵素が、みどりの香りの生成を妨げていることが分かった。これまで知られていなかった新たな酵素だった。こうしてカイコはクワの自衛策を妨害し、天敵の襲来に邪魔されることなく、思うさまに餌を食べていたのだ。

農作物の害虫対策に活用できる可能性も

 研究チームによると、みどりの香りの生成を阻害して天敵の襲来を防ぐ昆虫のメカニズムの発見は世界で初めてという。

 この仕組みの発見は、農作物の害虫対策の開発にもつながる。カイコのようにみどりの香りを阻害する酵素を持つ害虫がいた場合、酵素の働きを妨げる薬剤を開発して散布すれば、被害の軽減が期待できる。

 また、今回見つかった酵素はチョウやガなどの鱗翅目(りんしもく)の昆虫だけが持つものとみられるが、他の昆虫からも同様の機能を担う物質が発見される可能性もある。

 チームの代表の松井健二・山口大教授は「新たに見つかったカイコの自衛機能をもっと詳しく調べることで、さらなる発見がある可能性がある。他の昆虫についても今後、幅広く調べてみたい」と話している。(科学部 伊藤壽一郎)

「ニュース」のランキング