産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】躍進を遂げた小池祐貴 火を付けたのは「日本最速の同い年」と「五輪入賞ジャンパー」との邂逅(かいこう)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
躍進を遂げた小池祐貴 火を付けたのは「日本最速の同い年」と「五輪入賞ジャンパー」との邂逅(かいこう)

ダイヤモンドリーグ第11戦の男子400メートルリレーで日本の第1走者を務めた小池祐貴=7月22日、ロンドン(ロイター=共同) ダイヤモンドリーグ第11戦の男子400メートルリレーで日本の第1走者を務めた小池祐貴=7月22日、ロンドン(ロイター=共同)

 レースを終えた小池祐貴(ANA)は腰に手を当て、場内スクリーンに視線を向けた。しばらくたたずんでから現実を受け止めるように、うつむいた。

 6月24日、日本陸上競技選手権男子200m決勝。リオデジャネイロ五輪代表の飯塚翔太(ミズノ)に敗れて2位、タイムは20秒42(追い風0・8m)の自己記録だったが、初の「日本一」には0秒08届かなかった。

 勝負の主導権を握ろうと前半から積極的に突っ込み、コーナーの出口ではトップに。ただ、前日までに100m3本と200m予選を走って疲労した体では、逃げ切ることができなかった。

 「最後は気合でと思っていたけど、さすがに持たなかったですね」

 しかめた顔に、わずかに浮かんだ充実感。翌25日、社会人1年目のスプリンターはジャカルタ・アジア大会の代表に選出された。

 野球からの転身「勝負できる競技で」

 4年前の2014年5月、関東学生対校が開催されていた埼玉・熊谷の競技場で、慶大の川合伸太郎監督は実にうれしそうだった。

 「面白いのが入ったよ。陸上経験3年で100mが10秒38。キャリアを積んでないから、伸びるのはこれからだ」

 北海道の進学校、立命館慶祥高から入学した小池のことだった。新入部員への言及は快活に続く。

 「おおらかで物おじしない。それによく考えている。研究熱心だよ。『何やっているんだ?』って聞くと、山県(亮太、当時慶大4年)は3つくらい答えが返ってくるけど、小池は5つくらい返ってくる。肩の動きとか。体の使い方を試行錯誤している」

 小池は小さい頃から「陸上の天才」だったわけではない。最初は野球少年だった。小学2年からボールとバットを握り、中学の野球部では投手で4番。チームの主軸として活躍し、他の大多数の中学生と同じように3年夏に部活動を引退した。

 「甲子園に行きたいと思って野球をやってたんですけど、本当に行きたいのかなって疑問を持ち始めて。一緒にやってた部員たちのことが好きで続けていて、『絶対に。かじりついてでも』という気持ちはないなと気付いたんです。それより全国大会に出たかったんだなって。それなら、勝負できるスポーツでいいんじゃないかって」

続きを読む

このニュースの写真

  • 躍進を遂げた小池祐貴 火を付けたのは「日本最速の同い年」と「五輪入賞ジャンパー」との邂逅(かいこう)
  • 躍進を遂げた小池祐貴 火を付けたのは「日本最速の同い年」と「五輪入賞ジャンパー」との邂逅(かいこう)

「ニュース」のランキング