産経ニュース

【大学最前線・この人に聞く】空前の大改革「日本版NCAA」と大学スポーツの行方 池田純スポーツ庁参与

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【大学最前線・この人に聞く】
空前の大改革「日本版NCAA」と大学スポーツの行方 池田純スポーツ庁参与

池田純氏 池田純氏

 --たとえば?

 「『student-athlete(学生アスリート)』を育成するという基本姿勢です。大学スポーツを通じて社会で活躍できる人材を輩出してゆこうとする確かなビジョンをそこに感じます。だから学生アスリートはしっかり勉強しなければ競技ができなくなる一方で、特定の科目が不得手の学生には大学が責任をもってサポートする体制があると聞いています」

 student-athleteとスポーツビジネスは両立するのか

 --著書に「スポーツビジネスとはスポーツエンターテインメントビジネスである」とあります。これは大学スポーツにもあてはまるのでしょうか

 「大学は学びの場であり、大学生のアスリートはアマチュアである-。この考えは日米共通で、日本版NCAAでも学生アスリートはプロやビジネスの世界とは一線を画します。たとえばファンサービスを学生アスリートに強いるべきではありません。彼らはプロでも、競技を主眼とした『athlete-student(アスリート学生)』でもないわけですから。ただ、プロ入りを視野に入れる学生アスリートが学びの場でスポーツビジネスの基礎にふれる機会はあってもよいとは思います。

 他方、学生スポーツの大会は社会人も運営に関わります。そこではスポーツエンターテインメントの要素がなければ人気や発展がのぞめません。試合や大学の歴史、選手の経歴といった要素をIT・AI時代のいま、どう『見(魅)せて』ゆくか。スポーツビジネスを学問として考えた場合、大学スポーツは格好のフィールドワークの場です。日本のスポーツビジネスの発展のためにも、スポーツやビジネスに関心をもつ一般の学生がそこに携わり、しかも大学で単位がとれるようになればよいのですが」

続きを読む

このニュースの写真

  • 空前の大改革「日本版NCAA」と大学スポーツの行方 池田純スポーツ庁参与

「ニュース」のランキング