PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】輸出額の6割を占める「楽器の街」浜松 2000万円のグランドピアノなどマニア垂涎のミュージアムも

吹奏楽のオーケストラができるほどの管楽器が展示できるのはヤマハならでは=浜松市中区
Messenger

 楽器輸出額(推計値)で全国の6割を占める国内最大の「楽器の街」がある。大手メーカーのヤマハ、河合楽器製作所、ローランドが本社を置き、企業ミュージアムなどが市内に集まる浜松市だ。さまざまな楽器の魅力を体感でき、JR浜松駅に降り立つと、コンコースで大型のグランドピアノや鍵盤ハーモニカが迎えてくれる。

大手メーカーが本社

 そもそも浜松での楽器製造は、ヤマハの前身「日本楽器製造」が明治30年にこの地で誕生したことに始まると伝わる。医療機器の修理工だった創業者の山葉寅楠(とらくす)が、腕を見込まれて小学校のオルガンを修理したことをきっかけに楽器製造に興味を持ち、同社を立ち上げた。以来浜松には楽器製作の技術者が全国から集結し、一大生産地となったという。

 そのヤマハ(本社・同市中区)が先月、同社初の試みとなる企業ミュージアム「イノベーションロード」をオープンさせた。1500平方メートルの広大なスペースを確保し、時価2000万円とされるべーゼンドルファー社のグランドピアノや名ギタリスト、カルロス・サンタナが愛用したエレキギターの名器など、マニア垂涎(すいぜん)の逸品がずらりと並ぶ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ