PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】会社の代表が複数…ベンチャー企業で広がる「チーム型創業」とは

Warisの代表取締役を務める左から米倉史夏氏、田中美和氏、河京子氏(同社提供)
Messenger

 一般的に会社の代表者は1人が多い。ただ最近設立されたベンチャー企業の中には、複数の代表者がいたり、数人で起業するいわゆる「チーム型創業」とも呼ばれるケースが増えている。複数人による経営は「考え方や方針の違いから対立を招きやすい」と批判されがちだが、「創業時の困難を共有し、個々のスキルを武器にできれば大きな力になる」ようだ。

×  ×

 JR山手線の田町駅近くにオフィスを構えるWaris(ワリス、東京都港区)はフリーランスの女性と仕事とのマッチングサービスを手がける。

 前職のリクルートで婚礼関連の新規事業立ち上げに関わったWarisの米倉史夏(ふみか)代表取締役。リクルート時代に取得したキャリアカウンセラーの資格を生かしたいと平成24年に退職。フリーランスとして活動するうちに、ある人の紹介で、日本経済新聞社グループの出版社である日経BPの元記者、田中美和氏と知り合う。田中氏も21年にキャリアカウンセラーの資格を取得しており、すぐに意気投合。「何か新しいことをやりたいよね」と話すようになる。田中氏の知り合いで、元リクルートキャリア社員の河京子氏も加わった。

 3人に共通していたのが「フリーランスで働く女性のためのキャリア支援をビジネスにしたい」という思いだった。「1人で起業するよりも、3人で力を合わせて分担しながら進めたら、もっと効率よく素早く会社を立ち上げ、ビジネスを軌道に乗せられるのではないか」。そう考えた3人は早速、ビジネスプラン作りと並行しながら、投資会社のベンチャーキャピタル(VC)などを回って出資を募り、25年にワリスを立ち上げる。米倉、田中、河の3氏は全員、共同創業者であり代表取締役だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ