産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!

4月27日、夕食会で言葉を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影) 4月27日、夕食会で言葉を交わす北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=板門店の韓国側施設「平和の家」(韓国共同写真記者団撮影)

 3月に米海軍太平洋艦隊司令官スコット・スウェフト大将と会談した際、「米海軍の原子力潜水艦は朝鮮半島に展開しなくても良い」と放言した。米韓軍事同盟を否定する問題発言だけに、慌てた韓国国防省は「大臣の冗談だった」として即時、火消しに奔走した。

 《国防改革2.0》には大規模な兵力削減計画も明記された。現在61万8000人の総兵力は陸軍のみ11万8000人減らし、2022年までに50万人に削減する。つまり、陸軍は四分の一弱に相当する兵力を減らされ38万にとなる。

 陸軍の発言力と実力を弱めたい文在寅大統領の思想を象徴する「粛清」ではあるが、伏線はあった。文氏は大統領就任早々、海軍参謀総長の宋氏を国防相に、続いて軍人トップの合同参謀議長に空軍参謀総長だった鄭景斗大将を、矢継ぎ早に据えた。韓国軍創設以来初めて、国防相&軍人トップの2大要職を非陸軍出身者が独占したのだ。

 陸軍の縮小に伴い、5年後には最前線に配置中の師団11個を9個に改編する。日韓安全保障筋によると「各師団が担任する正面幅は40キロと、現行の2倍に負担が増える」。

 「数」を減らすのなら「質」で補うのが軍事の定石だ。しかし、徴兵制度下における兵役について、陸軍・海兵隊の服務期間21カ月は2021年末までに18カ月に短縮。23カ月の海軍は20カ月、24カ月の空軍は22カ月へと短くなる。

 日本もそうだが、韓国も今後少子化が確実視され、兵力は“自然減”する。少子化社会での兵役期間短縮は自殺行為だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!
  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!
  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!
  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!
  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!
  • 北朝鮮の金正恩氏と会い感涙にむせんだ韓国諜報機関トップ 「侮軍」→「楽しい軍」の次は「弱軍路線」!

「ニュース」のランキング