PR

ニュース プレミアム

夫婦2人の時間が苦痛に…急増する「夫源病」 典型的“昭和のオヤジ”はご用心

定年後の男性らが集う麻雀イベント。自宅以外の居場所づくりにもなっている=足立区
Messenger

 「風呂、お茶、飯」。退職後、一日中自宅にいるにも関わらず、会社員時代と変わらぬ亭主関白ぶりで指図する夫の態度などが原因で、妻が体調を崩す「夫源病(ふげんびょう)」が増えている。なかには別居や離婚に至るケースも。専門家は、退職後の夫と妻が、自宅で四六時中お互いに顔をつきあわせる“苦痛”を想定できなかったことが原因だと指摘している。(植木裕香子)

夫退職後から体調不良?

 神奈川県内の主婦(68)は、夫(70)が早期退職した約20年前から胃の痛みや動悸(どうき)、気分の落ち込みに悩まされている。「女性特有の更年期の影響もあると思うが、夫も体調不良の原因の一つのような気がする」

 そんな夫について、主婦は「典型的な昭和のオヤジ」と称する。炊事、洗濯、掃除は一切しない。湯飲みが空になると、無言で器を机にたたきつけ、お茶をいれるよう促す。腕によりをかけて何品もの料理を準備しても、自分の嫌いな食材が一つでも入っていると手をつけない。テレビのリモコンが手を伸ばせばすぐ届く所にあるのに、台所で忙しく動く妻を呼んで取らせる…。

 「夫が会社で働いているときは、こちらが食べさせてもらっているという気持ちがあるから我慢できた。だけど、会社を辞めて退職した時点で同じ立ち位置でしょうって思う。家で何もしないなんて不公平だ」と訴える。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ