産経ニュース

【昭和天皇の87年】遊び相手と戦争ごっこも… あらわとなった“名将”の資質

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
遊び相手と戦争ごっこも… あらわとなった“名将”の資質

画=井田智康 画=井田智康

昇陽の日々(2)

 明治39年5月4日、《この日より(裕仁親王は)雍仁(やすひと)親王と共に、規則を立てての幼稚園課業をお始めになる》(昭和天皇実録1巻130頁)

 裕仁親王は5歳になったばかり、雍仁親王はもうすぐ4歳。ただし幼稚園課業といっても、多数の園児のいる施設に通うのではなく、皇孫仮御殿内で同年代の「御相手」と一緒に学ぶ形式である。

 課業の内容は礼の作法、粘土細工、自由遊戯、唱歌など。御相手は8人で、学習院通学の1人を除く7人が2組に分かれ、1日おきに仮御殿に通った。

 皇孫御養育掛長の丸尾錦作によれば、起床は遅くても午前6時半。まず侍医の診察を受け、伊勢皇大神宮の神札と天皇皇后、皇太子同妃の御真影に朝拝。朝食後に30分の休憩があり、午前9時から幼稚園課業。午後は御相手と一緒に「運動遊戯を遊ばす」というのが日課である。

 幼稚園の様子を嘉仁皇太子や節子皇太子妃が見学することもしばしばあった。昭和天皇実録にはこの頃、《皇太子妃がお成りになり、端午の節句の人形飾り、幼稚園の御模様を御覧になる》(1巻131頁)、《皇太子・同妃御参殿につき、(裕仁親王は)雍仁親王と共に皇孫仮御殿内の幼稚園へ御案内になり、積木・唱歌等の様子を披露される》(同巻135頁)などの記述が散見される。

続きを読む

「ニュース」のランキング