産経ニュース

【iRONNA発】北朝鮮 中朝蜜月で変わる非核化ゲームの行方 重村智計氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
北朝鮮 中朝蜜月で変わる非核化ゲームの行方 重村智計氏

北京の人民大会堂で乾杯する習近平国家主席(右)と金正恩朝鮮労働党委員長 =6月19日(コリアメディア提供・共同) 北京の人民大会堂で乾杯する習近平国家主席(右)と金正恩朝鮮労働党委員長 =6月19日(コリアメディア提供・共同)

 トランプ米大統領は中国への関税制裁を強化し「米中貿易戦争」が激化している。むろん、これで漁夫の利を得ようとたくらむのが北朝鮮である。「振り子外交」の結果、中朝蜜月は進んだが、朝鮮半島非核化の行方は不透明さを増す。米中朝「非核化ゲーム」の先を読む。(iRONNA)

                   

 トランプ米大統領は今月1日、中国製品への経済制裁「第3弾」の発動を指示した。この米中首脳による「貿易戦争ゲーム」が北朝鮮への制裁を減圧し、米中朝の「非核化ゲーム」を大きく変質させている。北朝鮮は「中ソ・イデオロギー戦争」時代、中国と旧ソ連の間を行き来して支援を得る「振り子外交」を得意とした。この戦略を「米中貿易戦争」でも展開しようとしている。

 そもそも米朝関係は、3月末の中朝首脳会談までは、トランプ大統領が主導権を握り、「北朝鮮の『完全な非核化』」への期待が高まった。ところが、中朝首脳会談後に北朝鮮の姿勢が急変した。トランプ大統領は「中朝首脳会談後に北の姿勢が変化した」と批判し、一度は米朝首脳会談の中止に踏み切った。

 ◆駆け引きする習近平

 一方で、最近の中国は北朝鮮の石油密輸である「瀬取り」への制裁に反対するなど、これまでの米中協力の姿勢を変えている。中国は、貿易戦争を緩和すれば、北朝鮮への追加制裁にも協力するとの駆け引きを見せたのである。3回にわたる中朝首脳会談で、習近平主席は「トランプへの非協力」に姿勢を変えたという。その証拠に、米国は中朝首脳会談の内容を入手しているというのである。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮 中朝蜜月で変わる非核化ゲームの行方 重村智計氏

「ニュース」のランキング