PR

ニュース プレミアム

韓国産の日本酒とキャビア、その実力は? 進化するソウルのレストラン

Messenger

 【酒呑み鉄子の世界鉄道旅 KTXに乗る韓国旅(1)】 所用で韓国にやって来た。目的地はソウルではなく務安(ムアン)……って、いったいどこかという話だが、それはまた次回お話するとして。KTX(韓国高速鉄道)で務安に向かう前に、まずはせっかくソウルにやって来たので、素通りせず名物料理で腹ごしらえしたい。(写真・文/トラベルジャーナリスト 江藤詩文)

KTX(韓国高速鉄道)。韓国各地を結ぶ“韓国版新幹線”はどこへ行くにも便利
KTX(韓国高速鉄道)。韓国各地を結ぶ“韓国版新幹線”はどこへ行くにも便利

世界も一目置くファインダイニング

 プルコギ、サムギョプサル、キムチチゲ、スンドゥブ、冷麺……。ソウルで食べたい定番料理はほんと枚挙にいとまがない。もちろんビールやマッコリも。韓国のビールは薄いという人もいるが、私はけっこう好き。特に「Kloud(クラウド)」。

 しかしここはぐっとこらえて、新しい味覚を試してみることにした。というのもここ最近、ソウルのレストランは急激に進化している。とりわけ「ファインダイニング」といわれる高級レストランは、目を見張るほどの躍進ぶり。アジアを代表するレストラン、世界のベストレストランといったランキングの上位に食い込むほど、世界的に高く評価されている。

韓国産の純米酒を出してくれたのは、韓国ガストロノミーを牽引するスターシェフの名店「Mingles(ミングルス)」。2018年ミシュラン1ツ星、2018年アジアのベストレストラン50では11位にランクイン
韓国産の純米酒を出してくれたのは、韓国ガストロノミーを牽引するスターシェフの名店「Mingles(ミングルス)」。2018年ミシュラン1ツ星、2018年アジアのベストレストラン50では11位にランクイン

 そんな一軒で出会ったのが、驚くなかれ、日本酒だ。日本からの輸入モノと思いきや、メイド・イン・コリアだという。もともとマッコリの産地である慶州で醸された純米酒。日本酒愛飲家の私に韓国産を出すの? と思いきや、これがなかなかイケる。さらっとしてクセがなく、ふわりと米の甘さが広がり、飲み心地がいい。今のところ酒造好適米は生産されておらず、食用米から厳選した上質なものを使っているそうだが、酒米の研究も進んでいるとか。

 これに合わせて出された料理がすご過ぎる。野菜の出汁でとった上品なスープをたっぷりと煮含ませた「薄切りアワビとみずみずしい白菜の重ね煮」。優しさが身体中に染み渡る。出汁と日本酒って合うんですよね。

「ミングルス」の「薄切りアワビとみずみずしい白菜の重ね煮」は、技術力の高さを感じさせる精密な盛り付け。日本酒とアワビをはじめ、韓国各地の名酒と料理のペアリングも秀逸
「ミングルス」の「薄切りアワビとみずみずしい白菜の重ね煮」は、技術力の高さを感じさせる精密な盛り付け。日本酒とアワビをはじめ、韓国各地の名酒と料理のペアリングも秀逸

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ