産経ニュース

【びっくりサイエンス】山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催

レスキューキットをぶら下げて飛び立つドローン=2017年10月、北海道上士幌町(トラストバンク提供) レスキューキットをぶら下げて飛び立つドローン=2017年10月、北海道上士幌町(トラストバンク提供)

 11日は3年目を迎えた「山の日」。山岳遭難が増える中、遭難者を救助するロボットの競技大会も今年で3年目となる。実際の捜索に協力した実力派も出場するロボコンで、10月に北海道の山中を舞台に技術を競う。今年は捜索が難しい夜間に初めて開催され、無人航空機ドローンの活躍が注目されそうだ。

広大な山中、危険な場所を上空から探査

 警察庁の発表によると、2017年における山岳遭難の発生件数は2583件、遭難者数は3111人と、統計の残る1961年以降で最多を記録した。

 こうした中、ドローンを活用した捜索・救助への期待が高まっている。人間が立ち入れない危険な場所を上空から観察したり、広大な山を効率的に探査したりすることが可能になるからだ。

 活躍はすでに始まっている。ドローンを活用したサービスを提供するアイ・ロボティクス(東京)は昨年6月、新潟県十日町での捜索活動に参加。空から現場状況を広く把握することで地上部隊の捜索範囲を絞り込み、1年以上前に遭難した対象者の遺体発見に結びつけた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催
  • 山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催
  • 山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催
  • 山の遭難、ドローンで救え 暗闇の山中で初のロボコン開催

「ニュース」のランキング