PR

ニュース プレミアム

【プロ野球通信】DeNA、代打に投手のウィーランド 奇策ハマってサヨナラ勝利

Messenger

 「だから代打で使うのであれば、広島戦しかないなと思っていた。勘とか、ひらめきではなく、数字やデータをベースにした起用だ」。ラミレス監督は自信を持ってウィーランドを打席へ送り出していた。

 「監督から『代打に出すぞ』といわれて、すごくわくわくしていた」とウィーランド。野手に代わる代打は2015年に米マイナー(3A)でも経験しており、「打席では落ち着いていた」とする。ただし、3年前は十回裏2死満塁で見逃し三振。「だからきょうは見逃しの三振だけはしない。次の打者につなごうと思って打席へ入った」と振り返った。

 四球の結果については「本当は自分で決めたかったが、次の打者へ回すという最低条件はクリアできた」と笑顔。代打がアナウンスされたときのファンの大歓声には、「投手としてマウンドに上がるときよりすごい声援だった。本当に力になった」と感謝した。

 「もし、また代打に出るチャンスがあったら? チームのためにベストを尽くすだけだ」。ウィーランドは大きくうなずいて球場を後にした。(運動部 三浦馨)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ