産経ニュース

【ASEAN見聞録】「同じ顔ぶれ、息苦しい」独裁色強まるカンボジア、若者とフン・セン政権に距離

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ASEAN見聞録】
「同じ顔ぶれ、息苦しい」独裁色強まるカンボジア、若者とフン・セン政権に距離

7月27日、プノンペンの集会場で、フン・セン首相の選挙演説を聞く支持者ら(吉村英輝撮影) 7月27日、プノンペンの集会場で、フン・セン首相の選挙演説を聞く支持者ら(吉村英輝撮影)

 だが、イェン氏は「投票に行かないと、元救国党員が海外で訴えるボイコットに同調したと見なされ、都会では仕事、農村では政府支援が得られなくなる」として、「恐怖」が有権者を投票所に向かわせたと見る。

 フン・セン氏後継の有力候補としては、長男で国軍幹部のフン・マネット氏や、三男で人民党中央委員のフン・マニー氏らの名前が取り沙汰される。「周囲に信頼する人間がおらず、独裁色を強めるフン・セン氏が平和的に権力を次世代に引き継ぐには、世襲しかない」。ある地元記者は、次回総選挙の5年後までに、フン・セン氏による後継指名の道筋が示されると予想する。(プノンペン 吉村英輝)

このニュースの写真

  • 「同じ顔ぶれ、息苦しい」独裁色強まるカンボジア、若者とフン・セン政権に距離
  • 「同じ顔ぶれ、息苦しい」独裁色強まるカンボジア、若者とフン・セン政権に距離

「ニュース」のランキング