PR

ニュース プレミアム

【制服図鑑】ワイン色が特徴の甘すぎない「オトナ・カワイイ」 リゾート列車「伊豆クレイル」アテンダント

JR小田原駅で乗客を出迎える観光列車「伊豆クレイル」のアテンダント。ワイン色の制服を着用する(日本レストランエンタプライズ提供)
Messenger

 □日本レストランエンタプライズ

 JR東日本は平成28年7月、全席グリーン車指定席のゆったりとした車内で、伊豆の自然豊かな景色を眺めながら「食」と「酒」、「会話」を楽しめる観光列車「伊豆クレイル」の運行を開始した。651系特急型車両の力強い印象に「柔らかさ・女性らしさ」を取り入れてリデザインした車両でエレガントな大人のリゾートを表現し、小田原-伊豆急下田駅間を2時間半で結ぶ。

 車内で乗客をもてなすのが、ワイン色が特徴的なベレー帽とエプロンを着用したアテンダントだ。エプロンやベストの胸元には、「IZU CRAILE」の「I」と「C」の柔らかな文字を伊豆ゆかりの桜で囲んだ伊豆クレイルのロゴワッペンがあしらわれている。ピンクのスカーフはロゴが見えるように首元に巻いている。

 ベレー帽は深くかぶらず、ピンで留めて落ちないようにしている。軽く斜めにかぶるのは、女性らしさを表現するためでもあるという。制服のイメージは「甘すぎない『オトナ・カワイイ』スタイル」。アテンダントは大人のリゾート列車に花を添える存在になっている。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ