PR

ニュース プレミアム

【木下隆之の試乗スケッチ】トヨタ新型カローラ 若者離れ食い止める秘策は「iMT」

新型カローラ
Messenger

 「この時代にマニュアルミッション?」。12代目となる新型カローラの試乗会で、いきなり6速MT(注:マニュアルトランスミッションとあえて説明しないと最近は知らない人も多いでしょう)が設定されていると聞いて驚いた。

6割がAT限定免許の時代ですが…

 日本国内でAT限定免許制度が始まったのが1991年。それ以来AT限定免許者は右肩上がりで増え続け、いまでは全国平均で約6割がAT限定免許保持者だという。

 そんなMT離れはなはだしい時代に、トヨタは大量生産モデルであるカローラに6速MTモデルを設定したというのだから、どういう風の吹き回しかと慌てたのである。

 カローラの誕生は1966年である。今年で52年を迎える。半世紀にわたって日本の国民車として君臨してきた。

 世界に羽ばたいても快進撃は続く。世界販売は4600万台。生産拠点は世界16箇所。世界154カ国以上の国と地域で販売されている。あまりに大きい数字にリアリティを失いかけるけれど、「10秒に1台がお客様へ届けられている」と聞けば、とにかくバカ売れしていることだけは想像できる。カローラはもはや、日本が誇る世界的国民車なのである。

 そんなカローラに6速MTなのである。海外ではいまだにMT需要の強い地域はあるから、10秒に1台が売れているカローラに6速MTが設定されていても不思議ではない。だが、それをAT免許所持比率が6割を超える日本に設定することに驚きを隠しきれない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ