PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】世界が驚嘆した東郷ターン 「決戦は三十分で片が付いた」

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(5)

 決戦の日、明治38年5月27日、薄く靄(もや)のかかった日本海を、連合艦隊の戦艦4隻、装甲巡洋艦8隻が、波頭を切り裂いて航走する。

 風は強く波は高い。だが、旗艦三笠の艦橋に立つ東郷平八郎は微動だにせず、双眼鏡を手に前方を見つめている。

 その目が、遠く海上に浮かび上がる数十隻の艦影をとらえた。最大にして最後の敵、バルチック艦隊だ。見る間に大きくなる艦影は、戦艦8隻、巡洋艦12隻、駆逐艦9隻…。

 午後1時55分、三笠の前部マストに、決戦を示す4色のZ旗が翻った。

 「皇国ノ興廃 此ノ一戦ニアリ 各員一層奮励努力セヨ」(※1)

 このとき、敵との距離はおよそ1万2000メートル。それがどんどん近づいてくる。このまますれ違いざまに戦うか(反航戦)、それとも並行して戦うか(同航戦)、決定権をもつ東郷は双眼鏡を目に押し当てたまま、いまだ一言も発しない。

 彼我の距離が8000メートルとなった午後2時5分、東郷はさっと右手を上げた。その手をゆっくり、左に向けて下ろしていく。

 傍らにいた参謀長、加藤友三郎の大声が響いた。

 「艦長! 取り舵一杯!」

 旗艦三笠が左に急転回する。後を追って2番艦の敷島、3番艦の富士、4番艦の朝日なども順次転回する。のちに東郷ターンと呼ばれ、世界中の海軍関係者を驚嘆させた、敵前大回頭だ。

× × ×

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ