PR

ニュース プレミアム

【北海道利尻島にヒグマ】(上)106年ぶり上陸!! フンや足跡を女性支局長が追いかけた

6月27日午前0時すぎ、北海道・利尻島の林道に設置した無人カメラが撮影した正面を向いたヒグマの姿(北海道宗谷総合振興局提供)
Messenger

 北海道北部に位置する利尻島でヒグマの上陸が確認されてから約2カ月がたった。道内では珍しくはないが、本島から最短距離で約20キロ離れた利尻島で確認されたのは実に106年ぶりで地元では一大騒動となっている。札幌から深夜バスとフェリーを乗り継ぎ、ヒグマの跡を追った。

3カ国語で警告

 「利尻島内にヒグマが上陸しています」

 利尻富士町の鴛泊(おしどまり)港でフェリーから降りると、観光案内所で目に飛び込んできたのがヒグマの出没を知らせるポスターだった。地図と一緒に英語、中国語でも書かれている。早速、バスで観光地をみてまわることにした。

 観光客が必ず立ち寄るオタトマリ沼。北海道を代表する菓子「白い恋人たち」のパッケージのデザインにもなった利尻山が沼に映し出される絶好の写真スポットだ。多くの観光バスが止まっていたが、ここにはヒグマのことを知らせるものはなかった。

 15分ほど時間があったので、駆け足で沼の周囲を巡ることにした。売店の女性にヒグマについて尋ねると「散策は自由ですが、あくまで自己責任でどうぞ」ときっぱり。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ