PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】死闘!黄海海戦 運命の一弾が敵の司令長官を吹き飛ばした

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(3)

 明治37年8月10日、難攻不落の旅順要塞に固く守られた旅順港に、幾条もの黒煙が上がった。それまで港内の奥深くに引きこもっていたロシア太平洋艦隊(旅順艦隊)の各艦が、出撃するため汽罐(ボイラー)に火をくべたのだ。

 それより前の6月10日、極東ロシア軍の総指揮官アレクセーエフは、旅順艦隊の司令長官ヴィトゲフトに電報を送り、敵艦隊を撃破しウラジオストクへ回航せよと命令した。自信過剰のアレクセーエフは、日本の連合艦隊が複数の主力艦を喪失したとの情報を得て、いまなら勝てると踏んだのである。

 一方、東郷平八郎に率いられた連合艦隊の統率力、機動力、破壊力を知るヴィトゲフトは、とても勝ち目はないとみていた。アレクセーエフにせかされ、6月23日に出撃したものの、連合艦隊の主力と遭遇するや慌てて逃げ戻ったことはすでに書いた通りだ。

 アレクセーエフは激怒した。露都ペテルブルグの皇帝ニコライ2世に旅順艦隊の醜態を電奏し、皇帝から「遺憾である」との勅電を受け取るや、ヴィトゲフトに再び厳命した。

 「勅命を奉じ、ウラジオストクに脱出することを唯一の任務として、速やかに旅順を出港すべし。敵艦隊と交戦する事態になれば必勝を期して断固戦うべし」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ