PR

ニュース プレミアム

映画「インクレディブル・ファミリー」 世界中で「家族の絆」が見直されるのはなぜなのか

映画『インクレディブル・ファミリー』の一場面 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
Messenger

 米長編アニメーション映画「インクレディブル・ファミリー」が米国で記録的な興行成績を次々と打ち立てている。悪と戦う5人のヒーロー一家の活躍を描く勧善懲悪の物語が、なぜそれほど受けているのか。

ママの職場復帰

 「インクレディブル・ファミリー」は6月15日に公開され、日本では8月1日から公開予定だ。特殊な能力を持ったパパ、ママ、長女、長男、赤ちゃんの次男-家族5人の活躍をテンポよくダイナミックな映像で描いた「Mr.インクレディブル」(2004年公開)の続編。

 「主人公の夫婦は、育児と仕事の両立に悩むごく普通の人です。他の映画で描かれる完全無欠のクールなヒーローとは決定的に違います」とシリーズの特徴を説明するのは、脚本も担当した米国のブラッド・バード監督(60)だ。

 今回の主役は、ママことイラスティガール。全身をゴムのように伸縮させることができる。3人の子供の育児のため長らく現役生活を休止してきたが、“主夫”になることを買って出たパパことMr.インクレディブルに子守を任せ、念願の現場復帰を果たす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ