産経ニュース

【びっくりサイエンス】絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

かつては身近な存在だったが現在は準絶滅危惧種となっているドジョウ(九州大提供) かつては身近な存在だったが現在は準絶滅危惧種となっているドジョウ(九州大提供)

 チームの鹿野雄一・九州大准教授は「多くの生物標本は誰の目にも触れることなく博物館に眠っている。とにかく人の目に触れることが大切だ」と強調。

 その上で「どうしてこんなに種類がいるんだろうと感じて生物の形態の進化に興味を抱き、さらにドジョウを守りたいという気持ちにつながっていくことを期待している」と話す。

 鹿野准教授によると、ドジョウを選択したのは比較的、生物標本を集めやすかったからで、まずは手始めの第一歩。今後もさらに多様な生物に手を広げていく構想で、第2弾は環境に敏感で絶滅が進んでいる淡水二枚貝の3D標本館を検討しているという。

(科学部 伊藤壽一郎)

 ドジョウの3D標本館のアドレスは http://ffish.asia/loachesOfJapan3D

このニュースの写真

  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設
  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設
  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

「ニュース」のランキング