産経ニュース

【びっくりサイエンス】絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【びっくりサイエンス】
絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

かつては身近な存在だったが現在は準絶滅危惧種となっているドジョウ(九州大提供) かつては身近な存在だったが現在は準絶滅危惧種となっているドジョウ(九州大提供)

 全国の博物館や研究機関が保管しているドジョウ類の生物標本を、コンピューター断層撮影装置(CT)で撮影。膨大な撮影データから、魚体の形態を表す3D標本と内部骨格が分かる3D骨格標本を作った。

 これらの3D標本は、パソコンのマウスなどの操作でぐるぐると回転させ、形状を細かく観察できる。絶滅してしまったジンダイドジョウ、ヨドコガタスジシマドジョウも、あらゆる角度から見ることが可能だ。

 このほか、研究者向けには3D標本に構成する前のCT撮影の生データも提供している。生物標本のカラー写真も用意した。

博物館からネットへ、淡水二枚貝も検討中

 劣化の懸念がある生物標本をCT撮影し、3D標本として保存する取り組みは近年注目されている。保存性だけでなく、ネット上にデータがあることから、いちいち重要な標本のある場所に足を運ばなくても済むため、効率的に研究を進められる長所もあるからだ。

 国内では、既に山階鳥類研究所が鳥類の標本データベースの一部をCTデータ化、3Dデータ化して公開している。ドジョウの場合は、淡水魚では日本初の取り組みという位置づけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設
  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設
  • 絶滅種のドジョウも3D画像で“復活” 国内初の標本館がネット上に開設

「ニュース」のランキング