PR

ニュース プレミアム

2020年東京五輪・パラリンピックまで2年 新国立、競技会場の建設現場公開ルポ 徐々に全貌…炎天下の大会、カギは暑さ対策

Messenger

 一方、2日間を通じて35度近くまで上がった酷暑の東京。建設現場には飲み物のほかかき氷器も設置されるなど、作業員の暑さ対策が施されていた。見学中、汗がひっきりなしにしたたり、真夏の五輪に向けた暑さ対策は、成功を左右するかもしれないと思わせる。

 また、最も近い駅から徒歩約15分という立地の会場もあり、会場周辺も含めた対策の具体化が待たれるところだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ