PR

ニュース プレミアム

【おらがぐるめ】静岡・焼津「黒はんぺん」 ふんわり青魚の香り

「新屋食堂アヤナイ」の「黒はんぺんフライ」=静岡県焼津市本町(石原颯撮影)
Messenger

 はんぺんといえば白くてふわふわした食感が一般的だが、静岡のはんぺんは灰色が定番だ。灰色なのは白はんぺんで使用されるタラなどの白身魚ではなく、サバやイワシなどの青魚を使っているためで、食べると青魚の香りがふんわりと鼻を抜ける。静岡県焼津市で飲食店を営む内田智久さん(50)は「子供の時から食べてきた味。魚の味を凝縮したようなうまさがある」という。

 焼津市を中心に静岡県中東部で広く愛されており、「白いはんぺんは食べたことがない」という人がいるほど根付いている。食べ方は今や全国区の「静岡おでん」の具材のほか、パン粉をつけてフライにして食べるのが定番。味がしっかりしていて衣に負けない存在感があり、居酒屋などでも人気の一品だ。

 黒はんぺんは足が早い小魚を練り物にして日持ちさせようと、漁師が身近な道具を使って加工したのが始まりとされる。少なくとも江戸時代から作られていた記録があるという。戦後、白はんぺんが全国的に普及したが、焼津市などでは黒はんぺんが広がった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ