PR

ニュース プレミアム

【原発最前線】大詰めのトリチウム水問題 「元汚染水」の安全性、受け入れられるか

東京電力福島第1原発敷地内に立ち並ぶトリチウム水などが入ったタンク
Messenger

 8月30、31両日に説明・公聴会が開かれることが決まった、東京電力福島第1原発にたまり続けるトリチウム以外を除去した処理水の問題。資源エネルギー庁が準備する説明資料では、トリチウムを含む水が事故前の第1原発や他の原発からも海に流されていることが強調され、海洋放出の結論が近いことを感じさせる。問題は風評被害。原発炉心を通ってきた「元汚染水」の「科学的安全性」を、人の「心」が受け入れられるかが問われている。(社会部編集委員 鵜野光博)

「安全性」強調

 7月13日の国の小委員会で示された公聴会用資料の案では、トリチウムについて「希釈された低濃度なら健康影響の心配はない」「国内の原発から海に放出されたトリチウムの年間総量は、雨に含まれる総量の1・7倍」「国内の原発から40年以上排出されているが、近郊の海水中の濃度は世界的な飲料水の基準を大幅に下回っている」-などと安全性を説明している。

 処分方法は海洋放出以外にも、地層注入▽水蒸気放出▽水素放出▽地下埋設-が検討されているが、資料案では過去の処分実績、費用などから海洋放出の優位性が読み取れるものとなっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ