産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑

 中国・習近平政権が進める現代版シルクロード=広域経済圏構想《一帯一路》は途上国や債務国のインフラ整備を高利で引き受け、返済不能に陥ると「待ってました」とばかりに国土の一部=特区や港湾を巻き上げる。産業戦略《中国製造2025》計画も、他国の技術を強制的に移転し、知的財産権も飲茶を楽しむがごとく侵害する。 

 4月の小欄は一帯一路を「悪徳サラ金戦略」と表現したが、中国の貿易・投資・金融戦略は自己利益しか眼中にない『ゼロサムゲーム思考』そのものだ。

借金のカタに港湾を巻き上げる「悪徳サラ金」

 例えば、世界規模の金融危機《リーマン・ショック=2008年9月》を各国に先駆けて脱したカラクリ。

 当時の胡錦濤政権は08年11月、総額67兆円もの緊急経済対策を打ち出す。財政出動の柱は高速鉄道の建設加速であった。効果は絶大で、国内総生産(GDP)は底上げされ、V字型回復を達成した。ところが、幹線以外、高速鉄道は赤字路線だらけ。精緻な融資審査などハナから頭にない商業銀行は、大量の不良債権を抱えた。

 でも、中国はやっぱり中国だった。胡政権の後継・習政権は不良債権を、標的にした国々に肩代わりさせるハラだ。具体的には、一帯一路を利用して高速鉄道システムを輸出し、輸出収益で不良債権を減らしていく。

続きを読む

このニュースの写真

  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑
  • 一帯一路を旅するようにアジア~欧州へと伝播する中国への警戒&軽蔑

「ニュース」のランキング