PR

ニュース プレミアム

【TVクリップ】木曜ドラマ「ハゲタカ」綾野剛

「ハゲタカ」で主人公の鷲津政彦を演じる俳優の綾野剛(萩原悠久人撮影)
Messenger

平成が終わる直前のダークヒーロー

 「平成が終わる直前だからこそ、やれるものがある」と意気込む。

 原作は平成16年に発表された同名経済小説。バブル崩壊後の日本で、外資系投資ファンドを率いる企業買収者、鷲津政彦の生き方を描く。放漫経営や乱脈融資が問題となっていた当時、腐りきった組織のトップをたたきのめす“ダークヒーロー”ともいえる鷲津のありようは、ぬるま湯につかった日本経済への警鐘だった。「これからの未来に対して、このままではダメだよね、という問いかけだった。現状を壊して新しいものを生み出すために、ハゲタカが現れた」と話す。

 鷲津を演じるにあたり、19年にNHKで放送された大森南朋(おおもり・なお)主演のドラマも見ている。「演技といい、重厚なストーリー展開といい、傑作なんですよ」。オファーを受けてから、NHKドラマを撮影した監督と話す機会があり、その際に「エンターテインメントに振るには早すぎた(できなかった)」と言われたという。当時は日本経済への脅威として「ハゲタカ」の存在は生々しく、エンターテインメントとして受け入れられる素地がなかった。それから10年以上を経て「われわれの『ハゲタカ』はより広い世界観で、爽快で、エンターテインメントに寄っている」と胸を張る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ