PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】戦艦2隻が相次ぎ沈没 連合艦隊は底なしの悪夢に取りつかれた

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(2)

 「東郷は運のいい男でございますから」

 東郷平八郎を連合艦隊司令長官に抜擢(ばってき)する際、ときの海相、山本権兵衛は明治天皇に、こう説明したと伝えられる(※1)。とはいえ山本は、運だけで東郷に白羽の矢を立てたのではあるまい。

 明治36年12月、日露戦争を目前にして編成された連合艦隊は、かつてない規模の巨大組織だ。戦艦、巡洋艦、駆逐艦などを組み合わせた第1、第2艦隊の計55隻を擁し、その司令長官には的確果断な決断力、実行力、統率力が求められる。

 山本は、高陞(こうしょう)号事件などでみせた東郷の決断力を高く買っていたのだろう。

 ところが開戦当初の東郷は、不運と失策の連続だった。

× × ×

 連合艦隊の当面の敵は、旅順港に主力を置くロシア太平洋艦隊(旅順艦隊)である。このため参謀の有馬良橘は開戦前、まだ旅順の防備が整わないうちに港口に商船を並べて沈め、旅順艦隊を出られなくする閉塞(へいそく)作戦を立案。決死隊を編成して決行命令を待ったが、東郷はなかなか許可しなかった。

 有馬は軍令部に送った意見書で、「東郷閣下モ未タ一言ノ(閉塞作戦の)可否ニ就(つい)テ御明言無之(これなく)…」と不満を漏らしている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ