PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】傷だらけの地上決戦 勝利の報に、幼い皇子も万歳した

画=井田智康
Messenger

奉天会戦

 裕仁親王が静岡県沼津の故川村純義別邸で過ごしていた明治38年2~3月、満州最古の都、奉天(現中国遼寧省瀋陽)城外の荒野では、日本軍25万人とロシア軍31万人が、およそ20日間にわたる熾烈(しれつ)な戦闘を繰り広げていた。

 日露戦争の地上戦で、最大にして最後の会戦、奉天会戦である。

 旅順要塞を攻略したばかりの第3軍も急ぎ北上し、この決戦に参加した。軍司令官乃木希典に与えられた使命は、第2軍とともにロシア軍の右翼を攻撃、突破し、その背後に回って包囲、殲滅(せんめつ)することにあった。

 大任である。だが、ここでも乃木は不運だった。

 日本の満州軍総司令部は当初、主攻撃を第2軍に任せ、回り込む役目の第3軍には十分な兵力を与えなかったふしがある。事実、第2軍には砲278門が割り当てられたのに対し、第3軍は174門に過ぎない(※1)。

 ところがロシア側の総司令官アレクセイ・クロパトキンは、乃木の第3軍こそ日本軍の主力であると誤認した。難攻不落の旅順要塞を攻め落とした第3軍の戦闘力を、極度に警戒していたためである。クロパトキンは第3軍の進路に続々と戦略予備軍を投入し、最終的にはおよそ10万人のロシア軍精鋭が、3万8000人ほどの第3軍に襲いかかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ