産経ニュース

【小池知事定例会見録】西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁

 「ただ、今、日本の木材も、なんと輸出の対象になってきていて、だいぶ様相が変わってきて、かつてはもう本当にそのまま放置されているという意識がむしろ、イメージが強かったわけでありますけれども、大分山の事情も変わりつつあるということであります。いずれにせよ、どうすれば安全で安心で、かつ安価で国産の木材が使えるのかどうか、どうすれば都として、また場合によってはこれはオールジャパンで森林の抱えている多くの県があるわけですから、例えば高知県とか、秋田県とか、こういったところの木を、東京は購買力がございますから、その意味で生かしていくというのも一つ、東京が役割を果たすことができるのではないかと思っております」

 --知事はG7のサミットで提唱された「海洋プラスチック憲章」を支持するという旨の発言をしている。また、都教育委員会が3月に公開した検討委員会報告書によれば、都立大島海洋国際高校において、海洋教育改革を進めて、海洋プラスチックなどの海洋環境問題も取り扱おうということになっている。今後、海洋プラスチック削減に向けて東京都としてはどのような対策を行うつもりか

 「今、いろいろな世界の環境関係者と話しておりますと、ストローをどうするんだとか、非常にホットな話題になっております。先日もIOCの調整会議が開かれましたけれども、そこの委員の方ともお話ししていますと、『これは大変世界的な課題だね』『日本はどうするの』のような会話が交わされたところでございます。先日のG7でわが国は『海洋プラスチック憲章』に署名はしなかったわけでありますが、今、ご質問にありましたように、都とすれば、この憲章は強く支持したいと思っております」

続きを読む

このニュースの写真

  • 西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

「ニュース」のランキング