産経ニュース

【小池知事定例会見録】西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=13日、都庁

 《13日午後2時から都庁会見室で》

 【知事冒頭発言】

 「お暑うございます。それでは、本日の定例記者会見、始めさせていただきます。まず、何よりも、先日の豪雨でございますが、西日本を中心に各地で死者、そして行方不明者などの人的被害、そして床上浸水など家屋の被害が発生いたしました。改めて、犠牲になられた方々に対しまして哀悼の意を表するとともに、被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げます。今回の豪雨でございますが、10府県60市37町4村という大変広範囲なものでございまして、そして、災害救助法が適用されるということで、甚大な被害をもたらした記録的な大雨でございます」

 「都では既に、警視庁から348名、東京消防庁からは12名を被災地に派遣いたしました。そのほか、10日から順次、愛媛県の大洲市に対しては職員が3名、そして、岡山県の倉敷市、真備町というところが出てまいりますけれども、そちらには職員53名を派遣いたしたところでございます。それから、被災地の学校に通学する生徒さんたちが、例えば、都内に転居することとなった場合には、都立学校への転学の希望があれば、速やかに受け入れられるように取り組むことといたしました。先ほど、愛媛県の中村時広知事からもお電話がありまして、『水の供給が大変危機的だ』ということで、水の濾過(ろか)装置を東京から送るということについてのお願いとお礼の言葉がございました」

続きを読む

このニュースの写真

  • 西日本豪雨被災地を支援 「こういったときにこそ液体ミルクが活躍する」

「ニュース」のランキング