産経ニュース

【政界徒然草】藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

平成9年10月、藤波孝生元官房長官が知人に出した手紙。リクルート事件の裁判の心境などをつづっている(一部画像を処理しています) 平成9年10月、藤波孝生元官房長官が知人に出した手紙。リクルート事件の裁判の心境などをつづっている(一部画像を処理しています)

 私が10年かかるなと覚悟してきた裁判も、もう最後のワンラウンドという所まで来ましたので、自分の感想を公けの記録に残しておくためにも出来るだけ率直にまとめることにしました。後援会の支持状況なども入れるべきかと思いましたが、それらは選挙の結果が明確に物語っておってくれますし、裁判と直接関係がないのであえてカットしました。二審の判決に対する反論という形になっていることもご理解頂けると思います。この後は、私の上告趣意書をより専門的に補完充実させて最高裁の公正な判断を求めるための意見書を弁護士さんがまとめ、11月に最高裁へ提出してくれることになっています。

 最高裁では第一小法廷で審理が進められますが、公判を開くのでなく、全く最高裁の中で、しかるべく審理が進められることになるので、いつ結論が出るのか、時期は全くわかりません。一審、二審の公判記録をしっかり読んでさえくれれば何の心配もないと確信していますが、多分、来年(平成10年)中には判断が示されることになろうと期待しています。御心配をかけて九年目、永い間申訳ないことであったと存じていますが、もうしばらくだけ、お時間を賜わりますよう切にお願いいたします。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる
  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる
  • 藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけません」「つくづくと生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

「ニュース」のランキング