産経ニュース

【皇室ウイークリー】(547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【皇室ウイークリー】
(547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に

天蚕の繭を収穫される天皇、皇后両陛下=平成30年7月12日、皇居・吹上西通り野蚕室(宮内庁提供) 天蚕の繭を収穫される天皇、皇后両陛下=平成30年7月12日、皇居・吹上西通り野蚕室(宮内庁提供)

 皇居内での養蚕は明治以降、歴代皇后が継承してきた。皇后さまは屋内の紅葉山御養蚕所で行う今年の作業をすでに終えており、この日の繭の収穫が最後のご養蚕作業となった。

 皇太子さまが撮影された山岳写真が雑誌「山と渓谷」8月号(山と渓谷社発行、14日発売)に掲載されることになり、宮内庁東宮職が6日に発表した。登山が趣味で日本山岳会会員の皇太子さまは、平成18年に同誌に寄稿したことがあり、今回は創刊1千号を迎えるのを受け、写真提供の依頼に応じられた。富士山や穂高岳、那須岳、天狗岳などで撮影された6点が巻頭グラフに掲載されるという。

 三笠宮家の瑶子さまは10日、宮城県庁(仙台市)を訪れ、社会福祉法人「ありのまま舎」(同)が自立して活動する障害者や自立支援者を顕彰する「ありのまま自立大賞」の選考結果発表会に選考委員長として臨まれた。

 「自立奨励賞」には、難病の筋ジストロフィーを患いながら、障害者の音楽コンテストや就労拡大事業を手がけるNPO法人代表理事の貝谷嘉洋氏と、脳性麻(ま)痺(ひ)となった後でソフトウエア開発会社を設立し、福祉施設の事務効率化のためのシステムなどを開発・販売する宮崎豊和氏の2人が選ばれた。瑶子さまは「2人とも前向きでポジティブな方なので、今後の活動に期待しております」と述べられた。

続きを読む

このニュースの写真

  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に
  • (547)両陛下、豪雨被害お見守りに 野生の繭取り、ご養蚕最後に

「ニュース」のランキング