産経ニュース

【スポーツ異聞】自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

全日本学生優勝大会決勝の代表戦で、東海大・太田彪雅(右)と組み合う筑波大・佐々木健志=日本武道館 全日本学生優勝大会決勝の代表戦で、東海大・太田彪雅(右)と組み合う筑波大・佐々木健志=日本武道館

 東海大はエースの太田彪雅(3年)を立ててきた。昨年のユニバーシアード無差別級優勝など、世界で芽を出しつつある100キロ超級の有望株だ。決勝は4人目の中堅として一本勝ち。残る3試合の間にベンチで骨休めし、余力は十分にある。上水研一朗監督から「『まさか』の事態に備えておけ」とあらかじめ指示を受けており、「代表戦の心構えはできていた」(太田)。このあたり、筑波大と比べても先を見越した二段、三段の備えがある。

 筑波大が無策だった-というわけではない。「僕にやらせてください」と佐々木らが見せた男気も、「じゃんけんで」という風任せの人選も、「校風」というほかない。頼れる主将が大将戦に続く連戦に潔く体を差し出すことになったものの、佐々木の顔には「オレがまとめて面倒みてやる」と書いてある。代表戦という予期せぬ成り行きは、個々の粒が立ったチームの長所を引き出したといえるだろう。

 東海大や国士舘大、明治大などベスト16以上の中で、筑波大は唯一の国立大。推薦入学で取れる有望選手はかぎられている。体重無差別で争うこの大会に、強豪私立が重量級をそろえて臨んだのに対し、筑波大は佐々木ら中量級がチーム12人のうち7人を占めた。ロンドン五輪男子60キロ級銀メダルの平岡拓晃をはじめ、OBに軽量級や中量級の英傑が多い歴史を見ても、今大会の決勝に筑波大が勝ち上がることが、どれほどの難行軍だったかよく分かる。

 「軽い選手を重量級と互角に戦わせるためにどう育てるか。つらいことも多いが、一本の乱取りに取り組む上で、選手の工夫と高い集中力につながっているのも事実」。こう語る小野監督も、筑波大時代にこの大会で重量級と渡り合い、後に北京五輪81キロ級の代表として日の丸を背負った経歴の持ち主である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

「ニュース」のランキング