産経ニュース

【スポーツ異聞】自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

全日本学生優勝大会決勝の代表戦で、東海大・太田彪雅(右)と組み合う筑波大・佐々木健志=日本武道館 全日本学生優勝大会決勝の代表戦で、東海大・太田彪雅(右)と組み合う筑波大・佐々木健志=日本武道館

 学生柔道には、大学それぞれに「校風」があると言われる。柔道界を束ねる山下泰裕、井上康生が輩出した東海大は、両氏に抱く「謹厳実直」の印象を今の柔道部にそのまま重ねればよい。「ちょっと変わっている」(柔道関係者)と異風を吹かせているのが筑波大という。「選手の『我』が強く、個々が一本立ちしている」とは鈴木桂治・国士舘大監督の評である。規律で縛られた集団ではなく、自立した者たちが同じ目標に向けて結束した集団だ、と。

 東海大が3連覇した6月24日の全日本学生柔道優勝大会(東京・日本武道館)は、決勝で惜敗した筑波大にむしろ見るべきものが多かった。校風の発露ともいえるシーンがある。

 「オレが決めなきゃな。監督なんだから」

 筑波大の小野卓志監督は、思案を重ね、なお答えを出しかねていた。東海大との団体戦(7人制)決勝は、大将戦を終えて1-1。代表戦に誰を送り出し、決着をつけるか。その人選が悩ましい。

 監督が杖とも柱とも頼むのは佐々木健志(4年)。主将にして、アジア大会81キロ級の代表である。指名すれば誰もがうなずくのは間違いないが、折あしく7人目の大将戦を戦ったばかり。どうする…と逡巡するうちに、佐々木ら3人が「僕にやらせてください」と名乗り出た。

 男子部員は36人。互いの技量も力量も、日頃の稽古でそれぞれの体がよく知っている。話し合いという迂遠な道はたどらず、「じゃんけんで」と主将がさわやかに言った。他の2人もこの提案に乗り、佐々木が勝っている。命運を選手に委ねた小野監督も、やぼな口は挟まない。「どう転んでも自分の責任だ」と、事の顛末(てんまつ)を潔く引き取った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 自立した集団・筑波大柔道部、「校風」発露の全日本学生優勝大会決勝での“決断”

「ニュース」のランキング