産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「正解のある」大学受験と「正解のない」就活 悩みすぎないで!

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「正解のある」大学受験と「正解のない」就活 悩みすぎないで!

就職活動の面接が解禁され、損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影) 就職活動の面接が解禁され、損害保険ジャパン日本興亜の面接に臨む学生たち=6月1日、東京都新宿区(宮崎瑞穂撮影)

 最近の就活は、大学3年の3月から企業説明会が解禁されるため、多くの3年生は「就活は来年から始まる」と思い込んでいます。しかし、企業の学生囲い込みの動きは早く、実質、3年生の夏のインターンシップから就活はスタートしています。約1年間の就活でモチベーションを保つことは容易ではなく、多くの学生が一喜一憂して体力的にも、精神的にも疲れがたまるはずです。マスコミでは一部しか報道されませんが、就活を機に自らの命を絶ってしまう学生が毎年結構います。就活の失敗でその後の人生にゆがみが生じてしまう人もたくさんいるのです。これも何が原因で内定をもらえなかったのか分からないため、自分の人間性が否定されたと感じ、自己否定するのです。

 人生を長く経験していれば、「就活ごときで何を悩んでいる」と理解に苦しむかもしれませんが、就活は受験以上に大きな壁となっています。

 就活をこれからスタートする学生は、うまくいかないことの方が多いはずです。そのようなときに一人で抱え込むことなく、「他の学生も同じだ」と思えることが大事です。就活は自分だけうまくいっていないような錯覚に陥ってしまう可能性があります。一人で悩まずに周りの友人や家族に話せるような環境を探しましょう。また就活を迎える子供を持つ保護者や周りの関係者は、就活は大変という認識を持つようにしてください。

続きを読む

「ニュース」のランキング