産経ニュース

人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」

勝手につくば大使の小村政文さん(右)とあぼさん=茨城県つくば市(上村茉由撮影) 勝手につくば大使の小村政文さん(右)とあぼさん=茨城県つくば市(上村茉由撮影)

 つくばの魅力を尋ねると、「つくばはどこもすてき。俺の地元はつくばだから、つくばが好き。俺はつくばびいきがしたい」と、盲目的ともいえる「つくば愛」を語る。取材相手と仲良くなり、さらに取材先を紹介してもらい、つながりの輪が広がる。「10年、20年と住んでいけば、さらにつくばの人と仲良くなれると思うとどきどきする」と目を輝かせる。

 現在は週に2、3本の記事をアップ。1本の記事を作るのに、8時間ほどかかるというこだわりぶりで、フリーペーパーの制作にも着手したことから、昨年11月にブログ上でメンバーを募集した。

クラウドで資金集め

 そこに唯一応募してきたのがあぼさんだった。

 あぼさんはつくば生まれのつくば育ち。「ずっとメンバーに入りたかった。私たちをつなぐのは『つくば愛』。どんどんつくばの良いところを発掘して、つくばのことが好きになる」と語り、会社員との二足のわらじを楽しんでいる。

 活動資金は自腹で「お金は常にない」という小村さん。フリーペーパーの発刊にはインターネットで資金を募るクラウドファンディングを利用し、50万円を集めた。「勝手につくばタイムズ」第1号は4月に完成し配布を進めている。「人」に焦点を当てて市内の飲食店や企業を紹介しコミュニケーションのきっかけにしてもらうのが狙いだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」
  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」
  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」
  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」
  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」
  • 人気低迷の茨城で地域の魅力発信する金髪モヒカンとキリンの仮面 その名は「勝手につくば大使」

「ニュース」のランキング