PR

ニュース プレミアム

【赤字のお仕事】細かいことでも大事な違いを見逃すな

Messenger

 「東京西徳洲会病院(東京都昭島市)が申請していたもので、宇和島徳州会病院(愛媛県宇和島市)とともに実施する」

  記事の中にこんなくだりがあったとします。「東京西徳洲会病院」の「洲」と「宇和島徳州会病院」の「州」が違うことが気になる人はどのくらいいるのでしょうか?

 全く気にならない、という人もいるかと思います。そう、「さんずい」があるかなしかは、よく注意していなければ見逃してしまうかもしれません。

 しかし、少なくとも記事をチェックするという校閲の視点から言えば、気が付いてしかるべきケースです。「徳洲会」か「徳州会」のどちらかが間違っている可能性がある、と。

 もっとも固有名詞ですから、「東京西徳洲会病院」も「宇和島徳州会病院」もそれぞれ正しい、ということもありえるので、その点はきちんと確認しなければなりません。

 ちなみにこの場合は、調べてみると「宇和島徳洲会病院」が正しかったのです。

  「面会には曽我(ひとみ)さんが住む佐渡市長のほか、蓮池薫さん、祐木子さん夫妻が住む小浜市長、地村保志さん、富貴恵さん夫妻が住む柏崎市長が同行」

  では、このような記事が出た場合、何かおかしなところに気づくでしょうか?

 特に気になるところはない、という人も少なくないのかもしれません。

 私なども、「読み飛ばしてしまうことはない」とはっきりと言い切る自信はないのですが…。

 実は、「小浜」と「柏崎」の「市名」が逆なのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ