産経ニュース

【iRONNA発】西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

ベルギー戦の後半終了間際、決勝ゴールを決められたGK川島(右端)と倒れ込む昌子 =3日、ロストフナドヌー(共同) ベルギー戦の後半終了間際、決勝ゴールを決められたGK川島(右端)と倒れ込む昌子 =3日、ロストフナドヌー(共同)

 ◆W杯の壁

 常勝を義務付けられた欧州の名門クラブチームには、チーム文化としてこのメンタリティーが受け継がれているといわれています。ベルギーの選手はほとんどがそのような名門チームの所属または出身です。

 一方で、日本はこうしたビッグクラブで活躍する選手が少数派です。アジアでは強豪の日本ですが、W杯では挑戦者にならざるを得ません。しかし、W杯は挑戦者のメンタリティーだけでは勝ち進めないのかもしれません。

 とはいえ、ベスト8まで残り30分まで迫ったことは一つの成果です。私たちに諦めずに全力を尽くすことを教えてくれました。私たちは日々の暮らしの中で、西野ジャパンを見習うことができるでしょうか。

                   

 iRONNAは、産経新聞と複数の出版社が提携し、雑誌記事や評論家らの論考、著名ブロガーの記事などを集めた本格派オピニオンサイトです。各媒体の名物編集長らが参加し、タブーを恐れない鋭い視点の特集テーマを日替わりで掲載。ぜひ、「いろんな」で検索してください。

                   

【プロフィル】杉山崇

 すぎやま・たかし 神奈川大人間科学部教授、臨床心理士。昭和45年、山口県生まれ。学習院大大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。専門は臨床心理学、応用社会心理学、産業心理学など。近著は『心理学者・脳科学者が子育てでしていること、していないこと』(主婦の友社)。

このニュースの写真

  • 西野ジャパン 「恐れの心理」がほころびに変わった瞬間 杉山崇氏

「ニュース」のランキング