産経ニュース

【魅惑アスリート】情熱のスケーター、高橋大輔が「1年限定」現役復帰 目指すは全日本選手権の最終グループ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【魅惑アスリート】
情熱のスケーター、高橋大輔が「1年限定」現役復帰 目指すは全日本選手権の最終グループ

記者会見で現役復帰への思いを話す高橋大輔さん=1日夜、東京都内のホテル 記者会見で現役復帰への思いを話す高橋大輔さん=1日夜、東京都内のホテル

 全日本選手権はただ出場するだけでなく、「最終グループに入りたい」という目標もある。男子フリーで、ショートプログラム(SP)の成績が上位6人だった選手で滑るかつての“指定席”。日本男子の現状は、五輪2連覇の絶対王者、羽生結弦(ANA)と同銀メダルの宇野昌磨の2強が他を大きく引き離す。ただ、3番手以降に目を向けると、ブランクをしっかりと埋めれば表彰台に立つチャンスもうかがえる。

 来年3月には、自国開催となる「さいたまスーパーアリーナ」での世界選手権が控える。日本男子の出場枠は「3」。全日本までの成績で選ばれる。

 1日の復帰会見では“忘れ物”に言及した。

 引退を決断したソチ五輪シーズン。14年2月のソチ五輪は右膝負傷の影響もあって6位に終わり、3月にさいたまスーパーアリーナで開催された世界選手権も欠場を余儀なくされた。結局は、そのまま実戦復帰することなく引退した。

 「そのことが僕自身の中でさっぱりとした気持ちで次に向かえていなかったのかなと。この4年間でそう思うようになった。自分の納得する形で次に進まないといけないんじゃないかと」

 もちろん、甘くないことは世界のトップで戦ってきた自身が一番わかっているが、4年前と同じ会場での世界選手権は、“忘れ物”を取りに行く絶好の機会だ。

 「30歳を超えても、これだけ成長できるという姿を、12月が終わったときに見せられるスケーターになっていたい」。新たな挑戦へ、笑顔の表情は充実していた。

このニュースの写真

  • 情熱のスケーター、高橋大輔が「1年限定」現役復帰 目指すは全日本選手権の最終グループ
  • 情熱のスケーター、高橋大輔が「1年限定」現役復帰 目指すは全日本選手権の最終グループ

「ニュース」のランキング