PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】「就職留年」は不利か?

就職活動で面接に向かう大学生=6月1日、東京都千代田区
Messenger

 この時期になると街でリクルートスーツを着た学生を見かけなくなります。平成31年に入社する学生たちの就職活動が一旦落ち着いてくるからです。この時期に内定が取れていなかったり、受ける予定の企業の数が少なかったりするとあきらめの気持ちや焦燥感が大きくなると思います。しかし、「夏採用」「秋採用」という言葉があるように、就活は終わりではありません。受けることが可能な企業は多いので、最後まであきらめないでほしいと思います。

 それでも悩むのが就職留年をするか否かです。3年ほど前までは秋採用まで続け、納得できない学生が就職留年をしていたのですが、最近は6月に実施される選考で結果が出ないと早々に見切りをつけ、就職留年を決断する学生が増えています。そこで、今回は就職留年に関してお伝えしようと思います。

 まず就職留年とは、一度就活したものの、思うようにうまくいかなかった、第1志望の企業に行けない学生が、あえて卒業せずに再度就活に挑戦することです。毎年この時期になると、大手企業に絞っていた学生は受けられる企業が少なくなるため、就職留年してもう一度挑戦しようと思う人がたくさん出てきます。

 内定塾で開催している「無料相談」でも多くの学生から就職留年するか迷っているという相談を受けます。ここで気になるのが、「就職留年は不利になるのか」という部分です。インターネットなどで検索すると「就職留年をすると面接でかなり突っ込まれる」「ある業界では就職留年者には絶対に内定を出さない」などと都市伝説のように騒がれていますが、毎年多くの就職留年者を見る限り、一度就職留年をしたからといって、選考に大きく影響することはないと考えています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ