PR

ニュース プレミアム

【原発最前線】注目された耐震試験で「扉が5センチ開いた」東海第2 トラブル露見

Messenger

 試験には規制委の山中伸介委員ら審査チームが立ち会った。規制委によると、工事計画認可に関わる試験に規制委員が立ち会うのは初めて。山中氏は5月11日にも東海第2の現地を視察している。4月には工事計画審査の遅れについて「サボタージュとさえ感じられる」と原電の対応を強く批判しており、自ら乗り込むことで原電へのプレッシャーを高めようとしているかのようだ。

 6月21日午後、原電の担当者は報道陣に「試験で耐震性は確認できたと思う」と発表。「ただ、隙間が少し開いたので、手動で問題なく閉められることを確認した」と付け加えた。

「原因究明甘い」

 原電によると、開いたのは気密性を保つための扉で、報道陣に「開くことは想定していたのか」と問われると、「想定はしていない」。さらに「扉を動かすチェーンに一部破損があった」とも明かした。実験の成否については、「大きく構造や扉が壊れることはなかった。その意味では十分成立性は確認できた」と成功との認識を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ